バルセロナサンポはリニューアルしてwww.gaudi.com/sanpo/へ引っ越しました。 ブックマークの変更をお願いします!2010/2/15
バルセロナ散歩INDEX / Arte / Shopping / Food / Trips / Etc.
Bares Vascos

バスク風バル



最近のバルセロナではバスク風のバルが人気を呼んでいる。なかには夜になると行列ができる店もある。
どのバルもバスク風と一目でわかるように、北部風の木をつかった重厚な雰囲気のインテリア。店の名前にもバスク語が使われている。
料理はおつまみ的なタパスが中心。なかでも、カウンターに並んだ色とりどりのカナッペに特徴がある。自分で好きなだけとり、最後にカナッペについている串の数で会計をするという仕組み。まるで日本の回転寿司のよう。ひとつの値段は100~150pts.程度。イワシのフライやバカラオ(たら)、小海老やタコ、イカなどシーフードも多い。もちろん、ハムやチョリソ、トルティーヤ(じゃがいものオムレツ)などお馴染みのものもある。 スペインでは、昼食前や夕食前の軽食に利用する人が多い。そして、週末の夜などは友だちと飲みに来る人で賑わう。食べたいだけ食べられる気軽さが受けているのだろう。

TXAPELA(チャペラ)
場所:Passeig de Gracia,8-10
TXAPELA はバスク地方ではお馴染みの男性用の黒い帽子のこと。この店のロゴにも使われている。
グラシア通りに面した最高のロケーションのせいか、夜は行列ができるほどの人気。やはりカナッペの種類の多さが自慢のお店。
朝はたくさんのボカータ(サンドイッチ)やペストリー類が並び朝食をとる人で賑わっていた。

LIZARRAN(リサラン)
場所:Mallorca,257,グラシア通りを少し入ったところ
LIZARRAN はバスク地方の街の名前。小さなバルだが、カナッペだけでなく奥のテーブルで食事をとることもできる。昼時は近所のビジネスマンが昼食をとる風景が見られる。値段も手ごろ。

TXIRIMIRI(チリミリ)
場所:Princesa通り、メトロ駅のJaume1からピカソ美術館へ行く途中。
ピカソ美術館のすぐ近く。プリンセサ通りぞいにある。カウンターにならんだカナッペの他にテーブルでの食事もできる。夜は若者で賑わう。

串のついたカナッペ(LIZARRAN にて)

ガルバンソとチョリソの煮込み(LIZARRAN)

TXAPELA外観

TXIRIMIRIの夜